意外と知らない結婚、出産についての豆知識

温かい

温かな結婚式を考える

結婚式と言えば、主催する新郎新婦も出席するゲストも、緊張するものと相場が決まっています。一方、アットホームな結婚式を挙げて少しでも打ち解けた挙式を行ないたい場合、レストランウエディングを考えましょう。 レストランウエディングとはレストランで行なう結婚式の事です。開催する場合、費用を約260万円ほどに抑えられる事から、近年安く行なえる結婚式として人気を博しています。ホテルで行なう結婚式の相場は約330万円ですから、その差は一目瞭然です。 レストランウエディングの魅力は価格だけにあるのではありません。 レストランはホテルと異なり会場の規模が小さいのが一般的です。新郎新婦とゲストを分けるような段差もありませんので、主催者と参列者が同じ目線に立って結婚式を行なう事ができます。 レストランウエディングは新郎新婦とゲストの距離感が近い、温かな結婚式なのです。

レストランウエディングと現代人の意識

日本で西洋式の結婚式が執り行われるようになったのは第二次大戦以降の事です。そもそも本来チャペル式の結婚式はキリスト教徒が行うものですから、西洋文化が普及するなかで一般化した事が分かります。 こうしたチャペル式結婚式の会場としてホテルが生み出されたのは高度経済成長期からの事です。結婚式を行なうお客様を取り込む事で営業の向上を図ったホテルの戦略が功を奏し、ホテルウエディングが一般化しました。 レストランウエディングが考え出されたのは人々にホテルウエディングを行なう体力がなくなったバブル崩壊以降の事であると言われています。 近年では費用面の問題だけでなく、結婚式は本当に身近な人達だけで行ないたいと言う規模縮小化の意識が強まっています。レストランウエディングはそうした新郎新婦の支持を受けて現在とても人気を集めています。